★「お問い合わせ」ページのメール機能が、しばらく(おそらく3ヶ月間ほど)使えていなかったようです。

ご連絡いただいた方、返信できずに申し訳ありませんでした。

現在→右側に設置のお問い合わせフォームは問題なく使えますので

何かございましたらそちらから連絡をお願いします。


★3月からホームページのURLが下記に変更されました。

URL https://yukizahra.blogspot.com

今のところ自動で切り替わるようになっていますが、

しばらくしたら以前のサイトアドレスは使えなくなります。

お手数ですが、リンクの変更をお願い致します。

2019年5月13日月曜日

チトラールでの滞在登録と護衛制度に関する新着情報 2019年版【パキスタン】






チトラールへの訪問を考えている旅人へ

朗報です!!!




以前、
チトラールの治安と護衛制度について
という記事を書きました。




これまで約10年間ほど、
カラーシャ谷などを含むチトラールエリアを訪れる際、
外国人には、警察署での滞在登録と護衛警察の同行が
義務付けられていました。(一部、例外はあったようです)



自由な旅行が制限されてしまう部分もあり、
個人的にはずっと、この制度がなくなることを切望していました。



昨年から、この制度については見直される可能性が高いと噂されていたので
私は密かに期待しておりまして、チトラールの友人たちには、
「制度が変わったら、すぐに教えてね!」
と念押して頼んでいたのですが・・・



ついにこの春!
4月より、制度内容が大幅に緩和されたとのこと!



以下、チトラールの友人らが送ってくれた、おふれの内容です。






これによると、アフガニスタン国境から10マイルの地域を除き
滞在登録も護衛警察の同行も必要なく自由に歩き回れるようになった
ということみたいです。


チトラール以外でも、ギルギットバルティスタン地域においても
規則が緩和されているようす。




これまで旅しづらかったチトラールエリア。
魅力あふれた地域なのに制限が多いばかりに、
行ける場所も限られてしまっていました・・・


旅人も、フンザ方面と比べると格段と少ない地域でした。






これを機に、世界中から多くの旅人が訪れてくれることを、
現地の人々は心待ちにしています!






これからは、活気が戻り、また違った顔のチトラールを
見ることができるのかな。





私の場合、行くのは何年か先になりそうですが、
チトラールを自由に歩き回れるその日を、今から楽しみにしています。










2019年5月4日土曜日

パキスタンの結婚式【ドローシュ】




ドローシュに到着したその日、
チトラール王家の末裔が住むという宮殿を訪れた。
(宮殿といっても、おそらく多くの人が想像するような
立派で豪華なそれとはかけ離れている。
大きめの家に広い庭が付いた程度の質素な場所)


そこでお会いした王子にお話をうかがったところ
翌日この場所で、王子の妹の結婚式があるということだった。

「君のことを、結婚式に招待するよ。よければ来てくれないか?」
と初対面にもかかわらず結婚式に招待され、


「ぜひ、参加したいです」と二つ返事で参加を決めた。







翌日。


式が始まる予定の時間に会場に着くと、
まだ準備の真っ最中のようだった。


女性の化粧ルームに通される。
そこには、普段この地域ではブルカにより滅多に見ることのできない、
若くて美しい女性たちが集まり
化粧をしたり、ヘアスタイルを整えたりしている。


30分もするとようやく式の準備が整ったのか、会場に移動。

会場は、女性と男性、それぞれ部屋が分かれている。
私は外国人なのでどちらの部屋にもいくことができたけれど、
メインの女性会場へ。







こちらの会場にいるのは女性と子供たち、
男性は、カメラマンと数人の親族のみ。





まずは新婦が入場し、





次は、新郎。









式次第のようなものはほとんどないようで、
食べ物がバイキング形式で出され、
親族、友人同士で自由に語らい、
美味しいご飯を食べながら過ごす。





お祈りの時間が来ると年配の女性たちは祈り始める。
子どもたちは、式などお構いなしに遊びまわっている。



なんとフリースタイルな結婚式だろう、と思いつつも、
ほのぼのとしていて温かく、気軽で、ゆる〜い感じの式で
これはこれでとても素敵だと思った。



式の間、私もあちこち回って子どもたちと遊んだり、
女性たちともいろんな人と話しをさせていただいた。

ここにいるのはみんな王族の女性たち。
それぞれ方々で高い水準の教育を受けているようで、流暢な英語を話す。



この地域のイスラム女性たちは写真がNGなのかと思っていたけど
彼女たちはリベラル派なようで、写真もたくさん撮らせてくれた。




明るくて、快活な女性が多かった。




突然の訪問にもかかわらず、
快く受け入れてくれた彼女たちに感謝したい。





***




最後に。

「この地域に暮らす人たちって、男性も子どもたちも、
みんな綺麗な顔立ちをしてるよね。
女性もさぞ美しいだろうに、その姿を拝めないのは本当に残念。
見てみたいなぁ。。。」

という、男性陣の兼ねてからの要望にお応えして(?)笑
パキスタン北西部ドローシュの女性たちの、
普段見ることのできない美しきその姿を大公開!





































2018年10月 訪