★「お問い合わせ」ページのメール機能が、しばらく(おそらく3ヶ月間ほど)使えていなかったようです。

ご連絡いただいた方、返信できずに申し訳ありませんでした。

現在→右側に設置のお問い合わせフォームは問題なく使えますので

何かございましたらそちらから連絡をお願いします。


★3月からホームページのURLが下記に変更されました。

URL https://yukizahra.blogspot.com

今のところ自動で切り替わるようになっていますが、

しばらくしたら以前のサイトアドレスは使えなくなります。

お手数ですが、リンクの変更をお願い致します。

2017年7月30日日曜日

遠い異国の地で出逢えば【パキスタン・フンザ】




「10年も前は、ここも日本人観光客で賑わっていたものさ」



カリマバードの土産屋のおじちゃんたちは、そういった。
おじちゃんたちはいつも、店の前の石段に腰を下ろしてみんなで談笑してた。



確かにカリマバードには、“ジャパンチョーク”という名前の通りがあったり
“ジャパニーズバック”とかいう名のついたバックが売られていたり
日本語をつらつらと話す人がわりといたり、


あぁ、多くの日本人が、ここを訪れていた時代があったのだなぁ。


そう感じる場面がそこかしこにあったりする。



今はというと、
訪ねてくる日本人の旅人は少ない。
パキスタンの治安悪化や、ビザが簡単に取れなくなってしまったことが
大きな理由だと思う。

代わりに韓国人や、パキスタン国内旅行者が増えているんだとか。






遠く離れた異国の地で、
同郷のひとに出会えたときの嬉しさ心強さといったら。


外国で、観光客があまり来ないような場所で、
日本の旅人にばったり会えたりなんかしちゃったら
あまりの嬉しさにすぐに話しかけてしまう。


それから一緒にごはんに行ったり、
しばらくの間、行動を共にしたり。



そういうことってわりとあって。
だから、海外ひとり旅ってそんなに寂しいものじゃないと思ってる。



それと、日本でも、
こういう風だったら素敵だな、とも思う。







旅行者の少ないパキスタンだけれども、
フンザにいた1ヶ月間で、日本人の旅人6人に会った。

なかでも、同時期に同じ宿と隣の宿に泊まってたのは4人。
朝、ごはんを食べにレセプションにいくと、
きまって誰かひとりはそこにいて、
チャイを飲んでいたり、
本を読んでいたり、
それぞれがそれぞれの時間を過ごしてる。

そこにひとり、またひとりと集まって
旅の話に花が咲く。







この日は、そのなかのひとり、
カズさんのラストデーだったので
みんなでカズさんお気に入りの韓国料理レストランに行った。


秘境、辺境を何カ国も旅してきたツワモノばかり。
旅の話で自然と盛り上がる。
わたしなんかは、聞いたことがないような地名がいっぱい。




たぶんみんな、
普段の旅ではあまり、日本人同士で群れるタイプではないのだろうな、と思う。


でも旅行者の少ないパキスタンでは、やっぱりホッとできるひとときって超重要!

本当に。









これからひとり、またひとりと
新たな地へと旅立ってゆきます。





わたしも、残すところあと一日…。






 Y.

2017.03.26





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村


2017年7月29日土曜日

パキスタンの伝統文化、メヘンディ。




パキスタンの女性は、オシャレが好き。


アーリアバードに行って街をぐるっと歩き回ったとき、あちこちでレディースショップやサロンを見かけた。
イスラムの国であるパキスタン、店番をしているのはたいてい男性なのだけど、レディースショップだけは例外。

ショップで扱っている商品は、化粧品、マニキュアなどのコスメ道具からアクセサリーなどの装飾品、女性用の下着やシャルワールカミーズにつけるテープなど、ありとあらゆるもの。

それとは別にサロンもあって、そこではヘアメイク、フェイスメイク、メヘンディなどをしてもらえる、日本でいう美容院のような場所。




メヘンディは、日本のイベントやインドを旅した時もしてもらったことがあって
パキスタンでもどこかでやってもらいたいな、と思っていたのだった。




宿の人に聞くと、アーリアバードで有名なレディースサロンでメヘンディをしてくれると聞き、行ってみることに。


サロンには、若い女性が3人。

「結婚式スタイルがいい?」
「シンプルなのがいい?」
と聞かれて、片手ずつ両方描いてもらうことに。
デザインを選んで、模様を描いてもらった。

日本のアーティストのクオリティを知っているので、それと比べてしまうと、決して上手とは言えないメヘンディー。
それでも地元の女性にメヘンディをしてもらえることがとても嬉しかったし、同じくらいの歳の子と話せてよかった。









にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村

上部フンザ日帰り弾丸ツアー【パキスタン】

2017.03.22
3月中旬から同じ宿に宿泊していて、仲良くなった韓国人のナヨンとホー。
数日前から、一緒に上部フンザツアーに行こうという話をしていた。
今日はその約束の日。
カズさんも一緒に、4人で宿の車をチャーターしていくことになったのだった。


朝の9時、宿を出発。外はどんより雲。

カリマバードを出てしばらく車を走らせ
最初にたどり着いた絶景ポイントがここ、アッターバード湖。

地球の歩き方パキスタンのガイドブックにも載っていない場所。
2008年版の歩き方(パキスタン編としてはこれでも最新号)が発行された時には、なかった湖。

この渓谷には、もともとフンザ川が流れていたのだけど、
2010年の大雨で大規模な地滑りが発生。
それによって川がせき止められ、天然ダムが形成され、
その後の雪解けによって巨大な湖にまで成長したのだという。

東京ドーム約300個分とも言われた大きな湖。
ここまで規模が大きくなったことにより、カラコルムハイウエイの一部や同地域の村々は水没。
修復作業が終わった今では普通に通れるようになっているけれど、
一時は寸断されたカラコルムハイウエイを行き来するのに渡し船が使われてたらしい。
水没した村の住人は、住み慣れた場所を離れなければならなくなってしまった。
ここは、そんな場所。

でも、目の前に広がる湖は、本当に綺麗で。
今ではフンザの観光スポットの1つとなっている。
エメラルドグリーンに乳白色を混ぜたような湖は、
カナダで見たペイトー湖を思い出す↓

7年前の夏、カナディアンロッキーの街で1ヶ月間ホームステイしていたのだけど
今思うと、フンザの景色は、あの時見た景色に似ている。

:

アッタバード湖を後にして、カラコルムハイウエイを北へ北へと走ってゆく。
グルミット村や小さな集落を通り過ぎ、
次にやって来たのは、パスーの吊り橋。

足場の板の間隔がやけに広くて
足を踏み外したら普通に落下してしまいそう。
昔は村から村へ渡るときに使っていたらしく、
たくさん荷物を担いで渡ったのだって。
荷物がなくても私は怖くて渡れないのに、、
地元の人たちはすごいな。
ちなみに、怖いもの知らずの韓国人ホーも普通に奥まで歩いていけてました。
(写真に写ってるオレンジの人がホーさん)

:


それから、パスー氷河へ。

大きなレストランがあり、天気がよければ氷河が見渡せるビューポイントのはずなのだけど
この日は天気も悪く氷河がだいぶ先まで歩かないと見えないのが残念だった。
レストランで軽食を済ませ、
みんなで氷河が見えるところまで歩いて行ってみることに。

カズさんとスタスタ歩きすぎて、時間を余らせてしまい
あとの待ち時間で凍える羽目に。


帰りはグルミット村にちょこっとだけ寄って帰った。
グルミット、パスーはこの時期では開いてる宿が少ないし、カリマバード以上に極寒なので、滞在は断念。
夏になったらぜひ、長期滞在したい。

1日寒さにやられ鼻水がひどく体調も悪く、
さらに前日の食べ過ぎで胃がやられていたところに加えて車酔いで
帰りは死にそうになっていた。
宿に帰ってすぐトイレに駆け込み、夜はベジタブルヌードルスープを少しだけ食べて寝た。


やっぱり私、寒いのは苦手らしい。

***

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へにほんブログ村

2017年7月12日水曜日

タジキスタンe-Visaを取得。2017

2017.07.12 記載
次は、タジキスタンのEビザを取得しました。
信じられないくらい簡単に取得できました、Eビザ。
ここに情報書くまでもないほど簡単ですが、一応載せますね◎

***

現在、日本国内でのタジキスタンビザ取得方法は2つ。

1つ目◇在日タジキスタン大使館に直接行って取得。
ポイント!
ゴルノ・バダフシャン自治州の入域許可証が同時に無料で取得できる。
ビザ種類(シングル・ダブル・トリプル・マルチプルエントリー)や有効期間が選べ、それによって申請料が変わる。
シングルエントリーで14日有効のもの7000円、1ヶ月有効のものが8000円、2ヶ月有効のものが9000円。
ビザ申請の際に指紋認証と目の検査が必要になるので、直接大使館での申請となる。受け取りは郵送可。
・有効期限はビザ発行から3ヶ月間。(3ヶ月以内に入国すれば、そこから最大45日間滞在できるということ。)
出入国の日程(期間)を申請時に指定する必要がある。


2つ目◇Eビザ申請用のサイトで取得。
ポイント!
滞在可能日数は45日間。申請料は50ドル。
ゴルノ・バダフシャン自治州の入域許可証が、追加20ドルで同時に取得できる。
・有効期限は発行から3ヶ月間。(3ヶ月以内に入国すれば、そこから最大45日間滞在できるということ。)
出入国の日程(期間)を申請時に指定する必要がある。


Eビザは、2016年から開始されているようです。
最大45日間滞在できて、ゴルノ・バダフシャン州の入域許可証を同時に取得しても70ドル。
大使館で取得するより安い◎
面倒な紹介状などの書類を提出する必要もなく、ネット環境さえあればすぐに申請できます。

大使館で取るビザの条件と比較してみると、その労力も考えるともはや大使館で取るメリットはほとんどないのではないかと思ってしまいますね。

***
以下、Eビザ申請方法です。

Tajikistan e-Visaのサイトにて申請します。
↓申請は3ステップで超簡単!


①まず、アプリケーションデータを入力します。
パミール高原に行くために必要な、ゴルノ・バダフシャン自治州の入域許可証は、
このページで“GBAO permit”をYesにチェックすることで取得できます。


②パスポートの写真を添付します(サイズ1MB以内)

写真はiphoneで適当に撮影したもので、影も入ってますが
こんな写真でも大丈夫でした〜↓

オプションは何も添付せず。

③クレジットカードで支払い
次のページでクレジットカード情報を入力し、支払い!
申請完了!
あとは、ビザがメールで送られて来るのを待つのみ。

◆ビザ取得にかかる日数
通常、申請から2営業日以内に発行となるようです。
私の場合、
2017.07.08 Eビザオンライン申請
2017.07.10 Eビザ取得!
2日間で取得できました。
※登録したEメールアドレスに、Eビザファイルが添付されて送られてきます。(迷惑メールフォルダに振り分けされてました)
Tajikistan e-Visaマイページでも確認できます。

Eビザはこんな感じで送られてきます。


私はこのファイルを印刷したものを持って行き、
念のためiphoneにもデータを入れてすぐ見せれるようにしておこうと思います♪


***

簡単、安くて早いEビザ!
私は、日程もある程度予測できるので、念のために日本にいる間にとってしまいましたが
これなら長期旅行でもネット環境さえあればいつでも申請・取得できちゃいますね。

***

ランキング参加中!1日1クリックで応援お願いします!

2017年7月5日水曜日

パキスタンビザを郵送で取得。2017

2017.07.05記
2017年、2度目のパキスタン観光ビザ申請をしました。
仕事でもないのに、1年に2度パキスタンビザを申請する人って
なかなかいないんじゃないでしょうか。
情報が少ない国なので、ビザ情報載せたいと思います!

1度目は、パキスタン大使館に直接行って申請しましたが
2度目の今回は、郵送で申請しました。

↓↓以下、郵送でのパキスタンビザ申請についてです↓↓

<パキスタン・イスラム共和国 / 観光ビザ / ダブル>
現在パキスタンビザは、第三国での取得は不可となっています。
日本人は、日本でビザを取得する必要があります。

必要書類
○パスポート
 残存期限6ヶ月以上。
○証明写真2枚(縦4.5㎝x横3.5㎝)
 6ヶ月以内に撮影された脱帽写真。
 パスポート写真と同じ形式でOK。
○申請書
パキスタン大使館HPよりダウンロード印刷し、手書きで。
○航空券か航空券予約書(コピー可)
 行きの航空券(Eチケット)があればOK。
 陸路でパキスタンへ行く方は旅行計画書が必要。(その場合、日本出国のチケットを提出)
○以下の2点のうちのひとつ
1.ホテルの予約書(コピー可)
Booking.comにて、キャンセル可のホテルを予約し、予約確認書を印刷して提出。
 →ビザ取得後にキャンセル。
2.友人宅に泊まる場合は、当該友人署名入りの英文かウルデュー語の誓約書と当該友人のパスポートのコピー
○手数料100円

ビザの有効期限(=滞在可能日数)
入国からではなく、ビザ発行から90日間

◆郵送方法
必要書類を揃えて、現金書留(大きい方のサイズ)に入れて以下の住所宛に発送↓
〒106-0047 東京都港区南麻布4-6-17
パキスタン大使館 ビザ担当 様宛
電話番号:03-5421-7741

ビザ取得にかかった日数6日間(土日含)
2017/06/29 長野県の自宅より発送
2017/07/04 自宅にパスポート(ビザ)到着
土日を挟んでいたのですが、そうでなければもっと早いと思います。

料金
手数料100円+現金書留封筒21円と送料570円+返信着払い代756円
1447円

***以上です

パキスタンビザページ↓


一見面倒そうなパキスタンビザですが
取得は以外にあっさり。とっても簡単です。


***


ランキング参加中!1日1クリックで応援お願いします!